日本カメラ博物館のlogo



「―生誕100年記念展―写真家・名取洋之助」
関連イベント


 トークショー「名取洋之助の写真」

写真史研究家金子隆一+白山眞理

平成22年12月18日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIでは、来る2010年11月30日(火)から12月26日(日)まで、「―生誕100年記念展―写真家・名取洋之助」を開催いたします。この展示に合わせて、12月18日(土)にトークショーを開催いたします。1930年代の我が国に「報道写真」の概念を移入し、1960年代まで写真の編集者・プロデューサーとして活躍した名取洋之助の写真について、最新の調査による知見と深い考察をお聞きします。

金子 隆一(かねこ りゅういち)
1948年、東京生まれ。1970年代初めより、写真集のコレクションを始め、それを駆使して写真史の研究を行う。特に、日本のピクトリアリズムの再評価をうながす。1990年より、東京都写真美術館の専門調査員として「日本のピクトリアリズム」(1992)、「甦る中山岩太」(2008)などの写真展を企画構成。

白山 眞理(しらやま まり)
1958年東京生まれ。1991年より日本カメラ博物館JCIIライブラリー司書としてレファレンスなどを担当。傍ら写真史研究に携わり、JCIIにて「名取洋之助と日本工房作品展」(2003年)、「パウル・ヴォルフ 木村伊兵衛 土門拳」(2008年)などの展示を企画構成。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●開催日時 2010年12月18日(土) 14:00〜16:00(開場13:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 90名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会」、「JCIIフォトサロン友の会」会員は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ