カメラの種類しゅるいC−2

フィルムの種類しゅるい
〜大きい・小さい いろんなフィルム〜


ここでは現在げんざいは無くなった、もしくはあまり一般的いっぱんてきではないフィルムをご紹介しょうかいします。

1.127フィルム
127フィルムは1912年に誕生たんじょうしました。もともとは40×65ミリの画面がめんサイズでしたが、30×40ミリや40×40ミリの画面がめんサイズをもつカメラも作られました。
現在げんざいではほとんどの写真屋さんで見ることはできないフィルムですが、ヨーロッパでフィルムを作っているメーカーがあるので、日本でも少ないですが売られているところがあります。
また、120フィルムをじぶんで切って作ることもできます。

2.16ミリフィルム
16ミリフィルムはその名前のとおりフィルムのはばが16ミリあるフィルムです。映画えいが用のフィルムであり現在げんざいも作られています。
このフィルムを写真用に改良かいりょうして使つか極小型ごくしょうがたカメラがたくさん作られていました。
また16ミリの画面がめんサイズを半分にした「8ミリ」とよばれる映画えいがもこのフィルムを基本きほんにしていました。

3.126フィルム
126フィルムは1963年に誕生たんじょうしました。
フィルムのはばは35ミリで26×26ミリの画面がめんサイズをもっています。
何枚写真を写したかがわかる数字が書かれた紙がいっしょにカートリッジに入っています。
フィルム室が2つあるので「もどし」をしなくてよいほか、カメラへのセットがかんたんにできるよい点がありました。

4.ディスクフィルム
ディスクフィルムは1982年に誕生たんじょうしました。
ほかのフィルムと大きくちがうところは、「ロールフィルム」ではなく、円形をした「シートフィルム」というところです。
8.2×10.6ミリの画面がめんサイズをもち、15枚写すことができました。フィルムは光をさえぎるケースのなかに入っていました。