日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館 特別展


プロに聞く! ジャンル別

写真の撮り方・カメラの選び方


開催期間:2014年7月1日(火)〜10月19日(日)


小中学生の来館者にはカイトフォト(凧から撮影した空撮写真)ポストカードをプレゼント!
(数には限りがあります)
撮り方選び方
「アサヒペンタックス 6×7」 (レンズ:タクマー800ミリF4)
1969(昭和44)年 旭光学工業(現:リコーイメージング)

 

日本カメラ博物館(館長 森山眞弓)では、2014年7月1日(火)から10月19日(日)まで、特別展「プロに聞く!ジャンル別 写真の撮り方・カメラの選び方」を開催します。

カメラの発展にともなって、多くの人がカメラを持つようになりました。また、デジタルカメラの普及により写真の失敗が飛躍的に少なくなり、携帯電話やスマートフォンにもカメラ機能が搭載されたことで、誰もが、いつでも写真を撮れるようになりました。

でも、こんなふうに思ったことはありませんか?
「綺麗な景色なのに目で見た印象のとおりに写らない」「子供やペットを可愛く撮りたいのにうまく撮れない」「SNSやブログに掲載する写真をもっと上手に撮りたい」「撮影したいものがあるけれどカメラやレンズの選び方がわからない」など・・・

興味を持った対象を綺麗に撮るためには、プロが知るいくつかの「コツ」や機材の選び方があります。
今回は、それぞれのジャンルで活躍するプロカメラマンに、撮影の「コツ」や、カメラやレンズ、そのほか周辺機器などの使い方を伝授していただきます。

展示は写真のジャンルごとに分類し、プロカメラマンによる作例写真を手本として、「撮影のポイント」、「機材の選びかた」、「機材の使いかた」などを紹介します。
(※解説は作例とパネルで展示し、会場に写真家は常駐しておりません。)

趣味として写真をはじめたばかりの初心者やステップアップしたいアマチュア・カメラマン、子供の成長記録やペット、旅行などの撮影用にカメラを購入したファミリーなどのほか、「上手に写真が撮りたい!」というお子さまの夏休みの自由研究のテーマとしても最適な展示です。

また、展示期間中は夏休みを含むため、ワークショップや講演会など、カメラの仕組みを楽しく学び、写真によりいっそう親しむことができるイベントを開催します。


● テーマと内容


■人物
・フォーマル…写真館の肖像写真撮影を紹介
・カジュアル…子供や家族、友人、恋人などの記念写真を上手に撮る方法

■スポーツ…サッカー、野球、テニス、運動会などスポーツの撮り方

■乗り物
・自動車…自動車の撮り方、流し撮りのテクニック
・鉄道…鉄道写真の撮り方、撮影のポイントとマナー
・飛行機…飛行機の撮り方

■景色
・風景…山や海など自然風景の撮り方
・花…花を綺麗に撮る方法
・夜景、花火…夜景の撮り方、打ち上げ花火を綺麗に撮るテクニック
・天体…天体写真の撮り方

■生き物
・ネイチャー、動物園…野生動物や動物園内の動物の撮り方
・昆虫…昆虫の撮り方

■料理…料理を上手に撮るアドバイス

■モノ(小物)…アクセサリーや雑貨などの小物を綺麗に撮る方法

■報道…ニュース性のある写真の撮り方やマナー

■スナップ…街の風景や人物などスナップ写真のコツとエチケット

■建物…ビルや日本家屋などの建築物を上手に写すコツ

■水中、空中
・水中…水中写真の撮り方
・空中…ラジコンヘリコプターや凧から空撮する方法

■特殊撮影

・魚眼…魚眼レンズの効果と種類
・望遠…望遠レンズの効果と種類
・接写・マクロ…クローズアップ撮影の方法や機材
・人体…胃カメラなど人体を写すカメラを紹介
・赤外線写真…赤外線写真の撮り方
・立体・3D…立体写真(ステレオ写真)の撮り方や見方、機材を紹介
・ハイスピード…動きの速いものを写す方法やカメラを紹介
・ソフトフォーカス…ふんわりとしたソフトフォーカス写真の撮り方と機材

■デジタル
・スマートフォン…スマートフォン内蔵カメラを使用した作品の作り方
・デジタルエフェクト…カメラ内蔵のデジタルエフェクト機能を紹介

■銀塩
・古典技法(湿板写真)…幕末から明治初期頃の「湿板写真」の撮り方や当時のカメラを紹介


※ここに記載したカメラ名は展示予定機種の一部です。
タイトル 日本カメラ博物館 特別展
「プロに聞く! ジャンル別 写真の撮り方・カメラの選び方」
開催期間

2014年7月1日(火)〜10月19日(日)

展示品

プロカメラマンによる作例写真、撮影に使用したものと同様のカメラやレンズ、そのほか周辺機材などをジャンル別に展示。このほか魚眼、接写、立体撮影などの特殊な撮影に使用する撮影機材、いまでも使えるフィルムカメラなどを展示。(約100点を展示予定)

関連イベント

講演会、夏休みのワークショップなどを予定しています。

常設展等 常設展として世界最初の市販カメラ「ジルー・ダゲレオタイプカメラ」、「日本の歴史的カメラ」約300点、「ライカコーナー」、「カメラのおもちゃコーナー」、「カメラ体験コーナー」、「分解パネルコーナー」などを展示
開館時間 10:00〜17:00
休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)

入館料 一般 300 円、中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下 1 階)
交通機関
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1分
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四 =晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
JR東京駅からは、東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

※詳細は「アクセス・利用案内」のページをご覧下さい。
日本カメラ博物館の地図

*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中の製品名は、各社の正式な社名、商号と必ずしも一致いたしません。

ホームページ
JCIIトップページへ