日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館 JCIIライブラリー収蔵資料展

 

日本のカメラショー60年


開催期間:2018年11月27日(火)〜12月25日(火)


JCIIビル地下1階 JCIIクラブ25にて展示
ギャラリートークも開催

 
日本のカメラショー60年

カメラ・写真関連展示会ガイドブック各種
(前列左から) 『カメラ映像機器総合カタログ』VOL.134(2018年)、『カメラ総合カタログ 』VOL.1(1960年)
『写真用品総合カタログ』No.1(1971年)、『写真・映像用品年鑑』No.48(2018年)
(後列左から)『ラボシステムショー総合カタログ』(1973年)、『IPPFフォト・ガイド』(1977年)
『PHOTO NEXTオフィシャルガイド』(2018年)

 

日本カメラ博物館 JCIIライブラリーでは、2018年11月27日(火)から12月25日(火)まで、JCIIクラブ25にて収蔵資料展「日本のカメラショー60年」を開催します。

本展では、カメラ・写真関連展示会で来場者に進呈されたガイドブック『カメラ映像機器総合カタログ』、『写真・映像用品年鑑』などの関連資料により、日本で開催されたさまざまなカメラ・写真関連展示会の60年にわたる歩みを紹介します。

1960年、一般ユーザーに向けた日本のカメラを紹介する展示会として、「日本カメラショー」が始まりました。同展示は百貨店催事の形を取って全国を巡回し、最盛期には年間13都市で開催されていました。

1970年には写真用品を紹介する「フォトアクセサリーショー」も始まり、以後両展示会は、カメラや写真用品の試作品や新製品など、憧れの製品にふれることができるイベントとして定着しました。1990年代中頃から、両展示会は「フォトエキスポ」として合同開催し、2001年からは東京・大阪の見本市会場を使用するなど、しだいに世界規模のカメラ・写真展示会となるように展示規模を拡大しました。

2005年に両展示会はプロ向け展示会の「ラボシステムショー」、「国際プロフェッショナル・フォト・フェア」(IPPF)と合同し、「フォトイメージングエキスポ」(PIE)に再編されました。2010年には、開催地を東京から横浜へ移して「シーピープラス」となり、来る2019年には10年目を迎えます。

また、2004年からは写真館経営者向けの展示会「スタジオ写真フェア」が始まり、2010年に「PHOTO NEXT」(フォトネクスト)と会名を改めて、他分野のプロ写真家やフォトビジネスユーザーへ対象を拡大し、やはり2019年に10年目を迎えます。

日本のカメラ・写真関連展示会にとってさまざまな節目となる2019年を目前に、当ライブラリー収蔵資料によってふり返ります。

※今回の展示内容を収めた図録を制作し、JCIIフォトサロンにて販売する予定です。


 




タイトル 日本カメラ博物館 JCIIライブラリー収蔵資料展
日本のカメラショー60年
開催期間

2018年11月27日(火)〜12月25日(火)

展示概要

1960年の「日本カメラショー」に始まる、さまざまな日本のカメラ・写真関連展示会のあゆみについて、JCIIライブラリーが所蔵する『カメラ映像機器総合カタログ』、『写真・映像用品年鑑』などの展示ガイドブックや資料を交え、戦後日本の写真産業発展の歴史として紹介、解説。

関連イベント

ギャラリートークを開催

12月8日(土)、18日(火)午後2時〜
担当学芸員による解説

開館時間 10:00〜17:00
休館日

期間中無休

入館料 無料
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII ビル(地下 1 階)
「JCIIクラブ25」
交通機関
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1分
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四 =晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
JR東京駅からは、東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

※詳細は「アクセス・利用案内」のページをご覧下さい。
日本カメラ博物館の地図

*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中の製品名は、各社の正式な社名、商号と必ずしも一致いたしません。

ホームページ
JCIIトップページへ