日本カメラ博物館のlogo

─報道写真の夢─


名取洋之助と日本工房作品展



 JCIIフォトサロンでは、12月2日(火)から12月25日(木)まで、「名取洋之助と日本工房作品展─報道写真の夢(作品編)」を開催いたします。

 本年は、1933年に名取洋之助が「日本工房」を構えて70年という節目の年にあたります。JCIIでは、日本工房の仕事として名取洋之助、土門拳、藤本四八らが撮影した写真(於:JCIIフォトサロン)と、日本工房の写真配信によって誌面を作った海外のグラフ雑誌や制作した対外宣伝誌など(於:JCIIクラブ25)を解説・展示する「名取洋之助と日本工房作品展」を開催いたします。

 なお、この度の展示は、全てJCII所蔵資料で構成いたします。写真、海外雑誌記事などには、今まで未発表、未確認だったものが多数含まれます

 名取洋之助が日本工房を創設した70年前は、一般にビジュアル情報があふれている訳ではなく、ようやく総合雑誌の中にグラフページが設けられるようになった頃でした。絵画をお手本とする芸術写真が主流のなか、日本工房は、ものごとを語り伝えるコミュニケーション手段として写真を撮影し、洗練されたデザインで世界に日本を伝えるグラフ雑誌を制作する、特異な存在でした。

 創始者である名取は、木村伊兵衛、土門拳、藤本四八、小柳次一、牧田仁らの写真家諸氏、原弘、河野鷹思、山名文夫、亀倉雄策らのデザイナー諸氏を日本工房に誘いました。才能を見出され、発揮する場を与えられた若き彼らが情熱を注いだ写真や刊行物は、時代の精神を体現する明朗な迫力で、今も私たちを魅了します。

 日本工房が発展をとげた時期は、写真の社会的役割が模索された時でもありました。戦争期と重なるなかで、印刷されて多くの人と繋がる「報道写真」に邁進した若き先駆者たちは何を実現しようとしたのでしょうか。日本工房の仕事として撮影された写真、日本工房が海外に配信した写真で構成された雑誌記事(一部はカラー複写で拡大展示)、日本工房制作図書・雑誌資料などを展示し、終戦までの名取と日本工房の仕事を通じて、若き報道写真の夢と現実を追います。



*関連イベント 名取研究會シンポジウム*


テーマ:名取洋之助と日本工房について

日時:12月14日(日) 13:00〜17:00

場所:JCIIビル6階会議室/定員90名(先着順)

参加費:無料/お申し込みは 03-3261-0300(JCIIフォトサロン)

発表者:堀宜雄(福島県立美術館学芸員)、深川雅文(川崎市市民ミュージアム
     学芸員)、白山眞理(JCIIライブラリー司書)


ホームページ
JCIIトップページへ