日本カメラ博物館のlogo


椎名 誠 作品展「シーナの写真日記」






Makoto Shiina
シーナの写真日記〈106〉「ミャンマーの貌」
(アサヒカメラ2001年12月号・朝日新聞社)から


 
 JCIIフォトサロンでは、来る2004年1月6日(火)から2月1日(日)まで、椎名誠作品展「シーナの写真日記」を開催します。

 椎名誠氏は作家、エッセイスト、雑誌編集長、映画監督など幅広い分野で活躍されています。その椎名氏が写真雑誌『アサヒカメラ』(朝日新聞社刊)で1993年1月号から連載している「シーナの写真日記」は、2003年12月号で通算130回目を迎えました。今回の作品展では「シーナの写真日記」、1989年1月号に掲載された「風の道」、1989年4月〜1991年12月まで連載された「旅の紙芝居」、1992年1月〜12月まで連載された「人間劇場」の各作品から、選りすぐったモノクロ写真約70点を展示します。

 雪原の中で馬を走らせる遊牧民の少女、ブラジルの大きな川の中で釣をする少年、石垣島でそばを食べるセーラー服姿の女子高生、吉野川の河川敷にただ立っているだけの大きな人、八丈島の港で恥ずかしそうに笑う漁師の夫婦など、旅先で出会った人々や街、日常の何気ない光景や、身近な友人たち――。それぞれの写真は、椎名氏の魅力的な人柄がそのまま伝わってくるものばかりですが、なかでも、はにかむ少年、シワをくしゃくしゃにして微笑むおじいさん、ひとなつこくレンズをみつめる犬や猫などは、写真に添えられたエッセイと共に思わず笑みがこぼれてしまうような面白さです。

 「シーナの写真日記」は雑誌『アサヒカメラ』の中でとりわけ人気の高い連載コーナーとして読者を楽しませてきました。いつでもコンパクトカメラを持ち歩いているという氏が、あたたかい眼差しで切り取った写真と、独特の視点から世界を鋭く見つめたユーモアあふれる文章は、私たちの心を癒し、安らぎと好奇心に満ちた活力を与えてくれます。



●椎名 誠 (しいな まこと)

1944年東京生まれ。東京写真短期大学(現・東京工芸大学)中退。デパート業界誌編集長を経て、「本の雑誌」編集長に。1979年より、小説、エッセイ、ルポ等の作家活動に入る。これまでの主な作品は『犬の系譜』(講談社)、『岳(ガク)物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など。最新刊は、『活字の海に寝ころんで』(岩波書店)、『地球の裏のマヨネーズ』(文藝春秋)、『秘密のシャンマー』(小学館)。エッセイは、週刊文春連載中の、赤マントシリーズが10年以上続いている。旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探険、冒険ものなどを書いている。趣味は焚火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。



ホームページ
JCIIトップページへ