日本カメラ博物館のlogo


宮崎 廷 作品展  「Tokyo esprit」




東京駅前 昭和30(1955)年


 JCIIフォトサロンでは、来る2004年4月27日(火)から5月23日(日)まで、宮崎廷作品展「Tokyo esprit」を開催します。

 昭和27年、高校2年の修学旅行で自分のカメラを購入して以来、写真の魅力そして面白さにのめり込むようになった宮崎氏。大学時代は写真部に所属しその腕に磨きをかけます。当時、写真界では木村伊兵衛氏の撮る下町のスナップ写真が人々の心に粋で温かな優しい衝撃を与えていましたが、宮崎氏もまたその写真に感化され、自ら東京の下町を撮り始めるようになりました。その後、高度経済成長への道を歩み急速に変化してゆく東京を、助走の時期、最盛期と比較しながら撮りつづけるなか、変わらない雰囲気を保つ下町を氏はこよなく愛し、いつしか下町スナップはライフワークとなってゆきます。

 今回の作品展では、宮崎氏が現在も撮影を続ける東京のスナップ写真の中から下町を中心に、東京に住む人々が貧しいながらも未来への限りない希望を胸に抱いて生活していた昭和29(1954)年〜昭和51(1976)年の写真、モノクロ約80点を展示します。

 路地裏で夢中になって遊ぶ子ども、宵闇に輝く飲み屋の提灯、列を為し闊歩する観光客。店々の前からは朗らかな笑い声が聞こえ、まるでタイムスリップしたように私たちを昭和の東京へとさそいます。氏の写真からは、苦しみも喜びも超えて強く明るく生きていた人々の思いが伝わってくるようです。



●宮崎 廷 (みやざき ただし)

1934年 東京都青梅市生まれ
1956年 法政大学卒業
1857年 青梅市役所勤務
1995年 青梅市役所を定年退職
1995年 青梅市教育長就任
1999年 青梅市教育長を辞任

<写真展>
1979年 「丹波山村の小正月」青梅市民会館
2001年 「奥多摩今昔」青梅市立美術館
2002年 「奥多摩今昔」新宿ニコンサロン
2003年 「こころのアルバム」群馬県立歴史博物館




ホームページ
JCIIトップページへ