日本カメラ博物館のlogo
 


大倉舜二 写真展 

「Tokyo X」






2000.1.23 渋谷  大倉舜二



JCIIフォトサロンでは、来る2007年4月3日(火)から5月6日(日)まで、大倉舜二写真展『Tokyo X』を開催いたします。
『Tokyo X』は、1984年にNHKが放送した、イギリスの作家ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に関する番組をきっかけに、撮影されたものです。

一見すると平等で秩序正しい理想的な社会だが、システムによって徹底的に管理・統制され自由が奪われたオーウェル的世界。氏の眼には、コンピューターに管理され、バーチャル化していく東京の姿と重なりました。表参道のマリアとキリスト画の上に置かれたCASHの文字、西新宿の高層ビル街に設置された監視カメラ、奇抜なメイクやファッションに身を包んだ原宿の若者など。東京という都市の姿を改めて直視した作品は、目に見えない大きなシステムに飲み込まれて行く東京や、その得体の知れないものに支配されていく人々を写し出しており、まさに現在の都市の姿を予見しているかのようです。 タイトルの『Tokyo X』は、訳がわからない東京、怪しげな影が忍び寄る東京、"謎"の東京、を意味しています。

 今回の展示では、写真集『Tokyo X』(2000年)と、オーウェル的な東京の姿を更に追求した『Tokyo Freedom』(2005年)を併せ、その中から約90点(全作品モノクロ写真)をご紹介いたします。



大倉 舜二 (おおくら しゅんじ)

1937年5月2日東京生まれ。独協高校卒業。
植物写真家、富成忠夫氏に写真の基礎を学ぶ。19歳のとき富成氏と平凡社のペリカン写真文庫『蝶』を共著。社会派『LIFE』写真家、三木淳氏に3日ほど指事。女性写真家、佐藤明氏にファッションを学び、22歳で独立、そのまま現在までフリーランス写真家。ファッション写真、料理写真、昆虫写真、生け花写真、舞台写真、ドキュメント、演劇ポスター、コマーシャルと幅広い分野で活躍中。昭和46年度第3回講談社出版文化賞受賞。昭和62年度日本写真協会年度賞受賞。

著書に『EMMA』(毎日出版)『日本の料理』『画家のおもちゃ箱』(猪熊弦一朗と共著、文化出版局)『松坂慶子写真集』『作家のインデックス』(集英社)『ONNAGATA坂東玉三郎』『七代目菊五郎の芝居』『植田いつ子の世界』(平凡社)『蝶の生態写真集 ゼフィルス24』『松本幸四郎の俳遊俳談』(朝日新聞社)『武蔵野』(シングルカット社)『Tokyo X』(講談社インターナショナル)『Tokyo Freedom』(日本カメラ社)など多数。



 
ホームページ
JCIIトップページへ