日本カメラ博物館のlogo


植田 正治 作品展

「童暦・砂丘劇場」

童暦(1955-1970)より

童暦(1955-1970)より 撮影:植田 正治



 JCIIフォトサロンでは、写真家・植田正治氏の生誕100年を記念して、植田正治作品展「童暦・砂丘劇場」を2012年6月5日(火)〜7月1日(日)まで開催いたします。

 鳥取県境港市生まれの写真家・植田正治氏(1913〜2000)は、アマチュアとして生涯を郷土で過ごしました。戦前は「新興写真」のモダン表現を積極的に取り入れ、構成的な造形感覚を活かしながらもユーモアを感じさせる独自の作品世界を確立しました。戦後は、身近な砂丘を舞台にした家族写真などが注目を集め、1980年代には超現実的な感覚のモード写真に携わるなど、次々と実験的な作品に取り組みました。植田氏の作風は海外でも高く評価されており、作者没後も内外の人々を魅了し続けています。

 今回はJCII所蔵作品より、子どもの四季を何気ない日常の中でとらえたシリーズ「童暦」(1955〜1970撮影)と、砂丘に人物を配した演出で名高いシリーズ「砂丘劇場」(1948〜1975撮影)から家族・子どもをテーマにセレクトした作品展示をいたします。

 「童暦」はモノクロの階調を繊細に仕上げたオリジナルプリントで、郷土を愛した植田氏の心がこもった作品です。併せて写真集、作品が掲載された写真雑誌、さらに直筆原稿などの関連資料も展示します。

★この展示に合わせて、2012年6月9日(土)に写真家のハービー・山口氏によるトークショー「ぼくが植田正治さんから学んだもの」を開催いたします。ぜひご参加ください!


植田 正治
(うえだ しょうじ)

1913年3月27日、鳥取県西伯郡境町(現・境港市)生まれ。鳥取県立米子中学校在学中に写真に熱中し、1931年に卒業。その後オリエンタル写真学校にて修業。1932年に郷里で営業写真館を開業。写真雑誌などへの作品投稿を続ける傍ら、1937年に石津良介らと「中国写真家集団」を結成し、「少女四態」など演出写真に独自の境地を拓く。1943年、光海軍工廠(山口県)に徴用されるが間もなく帰郷。

1947年、緑川洋一らと「銀龍社」に参加。この頃撮影した砂丘を舞台にした演出写真が注目を集める。1950年に山陰地方の写真家集団「エタン派」を結成。1954年、第2回二科賞受賞。この頃より、のちに「童暦」にまとめられる山陰の四季と子どもをテーマにした撮影を始める。1975年、日本写真協会年度賞受章。同年、九州産業大学芸術学部写真学科教授(待遇)就任(〜1994年)。1978年、文化庁創設10周年記念功労者表彰受章。1979年、島根大学教育学部非常勤講師就任(〜1983年)。1989年、日本写真協会功労賞受賞。1995年、鳥取県西伯郡岸本町(現・伯耆町)に植田正治写真美術館開館。1996年、フランスの芸術文化勲章シュバリエ受章。2000年7月4日、87歳で逝去。

<個展>
1971年 「童暦」ペンタックスギャラリー
1992年 「植田正治作品展・砂丘劇場」JCIIフォトサロン
1993年 「植田正治の写真」東京ステーションギャラリー
2005年 「植田正治:写真の作法」東京都写真美術館 ほか多数

<作品集>
『田園の写し方』(アルス写真文庫・1940年)、『童暦』(『映像の現代第3巻』中央公論社・1971年)、『砂丘・子供の四季』(『ソノラマ写真選書11』朝日ソノラマ・1978年)、『昭和写真・全仕事10 植田正治』(朝日新聞社・1983年)、『日本の写真家第20巻 植田正治』(岩波書店・1998年) ほか多数。


ホームページ
JCIIトップページへ