日本カメラ博物館のlogo

 

知っていますか…

ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾

被爆から70年


  

長崎,1945年8月10日 撮影:山端庸介

 
 JCIIフォトサロンでは、来る2015年8月4日(火)から8月30日(日)まで、「知っていますか…ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾 被爆から70年」展を開催いたします。

 1945年8月、原子爆弾の投下でヒロシマ・ナガサキは被爆し、一瞬のうちに死傷者が20万人を超え、都市は破壊されました。戦争の悲惨さや平和の大切さは語り継がれていますが、70年の月日が経ち、戦争や原爆の記憶が薄らいできています。

 今回の展示写真は被爆直後から約3カ月間に11名のカメラがとらえた現実です。現存する貴重な写真フィルムからのプリントは、印刷とは違う迫力で悲惨な実相を訴えかけてきます。

 本展示は、主催:公益社団法人日本写真家協会「日本写真保存センター」、一般財団法人日本カメラ財団、後援:中国新聞社、公益財団法人広島平和文化センター平和記念資料館、協力:長崎原爆資料館、朝日新聞社、一般社団法人日本写真著作権協会で開催いたします。

 

◆展示作品撮影者 ◆  氏名(ふりがな、生没年、当時の職務)

○ヒロシマ
深田 敏夫(ふかだ としお、1928〜2009、崇徳中学徒)、
松重 美人(まつしげ よしと、1913〜2005、中国新聞編集局写真部・中国軍管区司令部報道班)
岸田 貢宜(きしだ みつぎ、1916〜1988、広島師団司令部写真班)
尾糠 政美(おぬか まさみ、1921〜2011、陸軍船舶司令部写真班)
川原 四儀(かわはら よつぎ、1921〜1972、陸軍船舶司令部写真班)
宮武 甫(みやたけ はじめ、1914〜1985、朝日新聞大阪本社写真部)
佐々木 雄一郎(ささき ゆういちろう、1917〜1980、写真家)
菊池 俊吉(きくち しゅんきち、1916〜1990、東方社写真部)
林 重男(はやし しげお、1918〜2002、東方社写真部)
田子 恒男(たご つねお、1924〜1998、東方社写真部助手)

○ナガサキ
山端 庸介(やまはた ようすけ、1917〜1966、西部軍司令部報道班)
林 重男(はやし しげお、1918〜2002、東方社写真部)

 


タイトル

知っていますか…ヒロシマ・ナガサキの原子爆弾 被爆から70年

開催期間

2015年8月4日(火)〜8月30日(日)

展示内容

原子爆弾の投下でヒロシマ・ナガサキは被爆し、一瞬のうちに死傷者が20万人を超え、都市は破壊された。

被爆直後から約3カ月間に11人のカメラがとらえ、現存する貴重な写真フィルムからプリントした作品(約60点、すべてモノクロ)を展示。

展示点数

約60点 (全作品モノクロ)

図録販売

今回展示される作品を収めた図録を制作し、フォトサロン受付にて販売します。または通信販売もご利用いただけます。

開館時間

10:00〜17:00

休館日

毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館)

入館料

無料

所在地

102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル1階

交通機関

  • 東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
  • 東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
  • 都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四=晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

* 駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
* JR東京駅からは、東京メトロ
丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

ホームページ
JCIIトップページへ