写真展

内田耕作写真展 「山の造形」

開催期間:2020年4月28日(火)2020年5月31日(日)
霧氷の岩 燕岳 『アルプ』No.273 1980年11月号
岩とタゲガラス 燕岳 1964年撮影

 JCIIフォトサロンでは、来る2020年4月28日(火)から5月31日(日)まで、内田耕作写真展「山の造形」を開催します。

 内田耕作(1908-1993)は、昭和初期から活躍した山岳写真界の先達です。開成中学入学後にベストポケットコダック(ベス単)を手に白馬岳に登り、以降、山とカメラを終生の友とし、北アルプス・燕岳をメインフィールドに多数の作品を残しました。1931年より東京・神楽坂で営んだ喫茶店「RELO」は山岳写真好きが集まる場所となり、1936年に船越好文らとともに創設したカメラ・ハイキング・クラブ(略称CHC。1939年より東京山岳写真会、1948年より日本山岳写真協会)では技術指導も行いました。戦後は、1958年創刊の山岳芸術誌『アルプ』などに作品を発表しています。

 今回の展覧会では、燕岳山頂付近の花崗岩郡や木々を造形的に捉えた作品や『アルプ』に発表した作品など、オリジナルプリント79点を展示します。

 内田氏は燕岳について「朝夕の光線の作り出す見事な変化や、展開する風景や雲の形や流れを、観賞し、スケッチやカメラによって記録し、或いは描写することもまた楽しい。」(『アルプ』100号 1974年10月)と語っており、風雪に彫りだされた様々な形の岩、雪面上に表れる紋様、ユニークな表情の枯木などを詩的情緒豊に捉えています。氏の手によるオリジナルプリントは、自然の中に美を見出す山岳写真の真髄を表していると言えましょう。


内田 耕作(うちだ こうさく) 1908 – 1993

1908年3月26日、東京・神田に生まれる。開成中学卒業後、博文館の写真技師であった叔父の紹介で中国・天津に渡り、報道カメラマンの助手となる。
1928年頃 帰国。
1931年より東京・神楽坂で喫茶店RELOを経営。パーレット同人会会員となり、山とスキーの写真をイタリアなどで開催の国際サロンに応募して入選を重ねる。
1936年に船越好文らとともにカメラ・ハイキング・クラブを創設。
1939年頃より明治生命の保険勧誘員として銀座支店に勤務。
戦後は連合国軍総司令部(GHQ)の写真部員となり、GHQ解散後は明治生命に嘱託カメラマンとして勤務。
1958年創刊の山岳芸術誌『アルプ』に作品を発表し、深田久弥・尾崎喜八・串田孫一・畦地梅太郎ら同人と1962年より刊行の『山のABC』で編集に携わる。晩年は東京・有楽町でカメラ店や喫茶店アルプを経営。
1993年12月28日没。享年85歳。

作品集は串田孫一・畦地梅太郎と共編の『山の組曲』(創文社、1961年)、作品展は内田耕作山岳写真展(横浜・松屋ギャラリー、1972年)など。 



タイトル

内田耕作写真展「山の造形」

開催期間

2020年4月28日(火)~5月31日(日)

展示内容

北アルプス・燕岳山頂付近の花崗岩郡や木々を造形的に捉えた作品や山岳芸術誌『アルプ』に発表した作品など、オリジナルプリント79点を展示。風雪に彫りだされた様々な形の岩、雪面上に表れる紋様、ユニークな表情の枯木など、厳しい自然を詩情豊かに捉えている。

展示点数

79点(全作品モノクロ)

図録販売

今回展示される作品を収めた図録を制作し、フォトサロン受付にて販売します。または通信販売もご利用いただけます。

開館時間

10:00~17:00

休館日

毎週月曜日(祝・祭日の場合は開館)

入館料

無料

所在地:102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル

交通機関

  • railway東京メトロ◎半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
  • railway東京メトロ◎有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
  • bus都営バス「都03 (四谷駅 - 半蔵門 - 日比谷 - 銀座四 - 晴海埠頭)」
  • bus都営バス「宿75 (新宿駅西口 - 東京女子医大前 - 四谷駅前 - 半蔵門 - 三宅坂)」
    半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

  • 駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
  • 日本カメラ博物館とJCIIフォトサロンの入り口は異なりますのでご注意ください。
  • 日本カメラ博物館へご来館の際は、お足もとが不自由な旨ご連絡いただければ、エレベーターにてご案内いたします。
  • JR東京駅からは、railway東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。