写真展

―日米和親条約締結165周年― 『ペリー提督日本遠征記』を追って 琉球・小笠原諸島

開催期間:2019年7月30日(火)2019年9月1日(日)
ペリー提督一行 下田上陸の図 1854年6月8日
手彩色石版画 ウィリアム・ハイネ画 520×820mm

 JCIIフォトサロンでは、古写真シリーズの38回目として、来る2019年7月30日(火)から9月1日(日)まで、「―日米和親条約締結165周年―  『ペリー提督日本遠征記』を追って  琉球・小笠原諸島」を開催いたします。

 1853年、アメリカのペリー提督率いる艦隊が浦賀に上陸し、開国を求めるアメリカ大統領の親書を幕府に手渡しました。翌年、ペリー提督はその返答を求め横浜に再来日し、およそ1ヶ月の協議の末に日米和親条約が締結され、日本の鎖国は終わりを迎えました。今年は、日米和親条約が締結されてからちょうど165年目となります。今回はそれを記念し、1856年にアメリカ政府により発刊された『ペリー提督日本遠征記』(当館所蔵)より、アメリカ艦隊から見た当時の日本の様子をご紹介します。

 『ペリー提督日本遠征記』は、ペリー提督自身の日記とその部下の日誌や報告書などから編集された詳細な記録で、そこには多くの石版画や木版画の挿絵が掲載されています。その挿絵は、艦隊に従軍した写真家のE・ブラウン・Jrが撮影したダゲレオタイプや、画家のウィリアム・ハイネらが描いた絵を元にして作成されました。当時E・ブラウン・Jrが撮影したダゲレオタイプは、数枚の現存が確認できるのみで、その多くは未だに発見されていません。しかし、石版画や木版画にはダゲレオタイプを元に作成された鮮明な画像が描かれており、165年前の出来事が生き生きと、そこに記録されています。

 今回の展示では『ペリー提督日本遠征記』よりペリー提督の足取りを辿り、琉球や小笠原諸島、浦賀や横浜、下田や箱館での様々な出来事が描かれた石版画や木版画を中心に、アメリカ人の眼から見た幕末期の日本の様子をご覧いただきます。また、明治8年(1875)に松崎晋二によって撮影された小笠原諸島、そして琉球処分で明治12年(1879)に沖縄県となったばかりの頃の沖縄の風景や人々など、ペリー提督一行が訪れた土地の珍しく貴重な写真もあわせて、約100点を展示いたします。



★この展示に合わせて、2019年8月17日(土)に古写真収集家の石黒敬章氏をお招きし、日本カメラ博物館の古写真研究員・井桜直美とのトークショーを開催いたします。お電話にてご予約受付中です!

タイトル

―日米和親条約締結165周年―  『ペリー提督日本遠征記』を追って 琉球・小笠原諸島

開催期間

2019年7月30日(火)~9月1(日)

展示内容

今年は、日米和親条約が締結されてからちょうど165年目となるのを記念し、『ペリー提督日本遠征記』(1856年アメリカ政府により発刊・当館所蔵)より、アメリカ艦隊から見た当時の日本をご紹介する。『ペリー提督日本遠征記』はペリー提督自身の日記とその部下の日誌や報告書などから編集された詳細な記録で、そこには多くの石版画や木版画の挿絵が掲載されている。琉球や小笠原諸島、浦賀や横浜、下田や箱館での様々な出来事が描かれた挿絵を中心に、明治8年(1875)に松崎晋二によって撮影された小笠原諸島、琉球処分で明治12年(1879)に沖縄県となったばかりの頃の沖縄の風景や人々など、一行が訪れた土地の珍しく貴重な写真も含めた約100点を展示する。

展示点数

約100点

図録販売

今回展示される作品を収めた図録を制作し、フォトサロン受付にて販売します。または通信販売もご利用いただけます。

開館時間

10:00~17:00

休館日

毎週月曜日(祝・祭日の場合は開館)

入館料

無料

所在地:102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル

交通機関

  • railway東京メトロ◎半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
  • railway東京メトロ◎有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
  • bus都営バス「都03 (四谷駅 - 半蔵門 - 日比谷 - 銀座四 - 晴海埠頭)」
  • bus都営バス「宿75 (新宿駅西口 - 東京女子医大前 - 四谷駅前 - 半蔵門 - 三宅坂)」
    半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

  • 駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
  • 日本カメラ博物館へご来館の際は、お足もとが不自由な旨ご連絡いただければ、エレベーターにてご案内いたします。
  • JR東京駅からは、railway東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。